• やなばら

賃金控除協定について

賃金は多くの労働者について生活を支える唯一の収入であるため、賃金支払いについては労基法において厳格な制限、基準があります。そのうちの1つに「賃金の全額払い」というもがありますが、これは「賃金は全額を支払わなければならない。」というものです。

つまり、従業員に賃金を支払う際には、何も天引きせずに支払いなさい、ということです。前提として天引きを否定していながら、例外的に天引きを認めるという立場を取っています。例外は以下のようなものです。

1.法令に別段の定めがある場合(法定福利費等)

所得税、住民税、健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料です。

2.労働組合ない場合は労働者代表との書面による労使協定がある場合

この協定を「賃金控除協定」と言います。例えば、弁当代など購買代金、社宅・寮など福利厚生施設の利用料、組合費や親睦会費、互助会費、従業員への貸付金の返済金などを賃金控除する場合は労使協定の締結が必要です。

協定書に記載する事項

協定書には何を控除するか(控除の種類)、賃金支払日、協定書の有効期限、協定の当事者などを記載します。なお、この労使協定は労働基準監督署への提出は不要ですが、会社として保管しておかなければなりません。法定福利費以外のものを天引きしていながらこの労使協定を保管していなかった場合、労働基準監督署の調査があったときに是正勧告を受けることになります。

ちなみに、遅刻した分を差し引くことは全額払いの原則に違反しません。これは「ノーワークノーペイ」の考え方により当然に差し引かれるものとされます。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

一口に退職と言っても、様々な種類があります。どのような種類があるか、以下で見ていきましょう。 自己都合退職 従業員からの申し出による退職です。従業員が希望した日が退職日となります。 雇用契約期間満了による退職 有期契約社員が雇用契約期間を満了した場合の退職です。雇用契約期間の満了日が退職日となります。 定年退職 会社が定めた退職年齢に達した場合の退職です。定年に達した日の属する月の末日などが退職日

令和4年4月からの不妊治療が保険適用されます。その詳細について説明します。 保険診療を受けられる医療機関 助成金の指定医療機関であれば保険診療の施設基準を満たす経過措置があります(令和4年9月30日まで) 。かかりつけの医療機関又はお近くの医療機関にご確認の上、受診してください。 なお、先進医療を受ける場合治療内容や費用について同意が必要になりますが、それ以外に患者側に特段の手続はありません。 治

保険対象となる不妊治療について 菅政権の改革によって、令和4年4月以降体外受精などの基本治療が保険適用されます。 関係学会のガイドラインなどで有効性・安全性が確認された以下の治療について、保険適用されることになります。 一般不妊治療→タイミング法、人工授精 生殖補助医療→採卵採精 体外受精 顕微受精 受精卵・胚培養 胚凍結保存 胚移植 生殖補助医療のうち、上記に加えて実施されることのある「オプショ