• やなばら

管理監督者にあたるか否かの裁判例

労働基準法上労働時間に関する規制の対象外となる「管理監督者」ですが、実態として中小企業において管理監督者に該当する管理職はほとんどいないと思った方が良いでしょう。

具体的な裁判例を紹介します。

1、大阪地裁判決 昭和61年7月30日

ファミリーレストランの店長が管理監督者にあたるかを争った事件です。

・店長としてコック、ウェイター等の従業員を統括し、採用にも一部関与し、店長手当の支給を受けていたが、従業員の労働条件は経営者が決定していた。

・店舗の営業時間に拘束され、出退勤の自由はなかった。

・店長の職務の他にコック、ウェイター、レジ、掃除等全般に及んでいた

上記のような状況から管理監督者性が否定されました。

2、大阪地裁判決 平成8年9月6日

ベーカリー部門及び喫茶部門の店長が管理監督者にあたるかを争った事件です。

・売上金の管理、アルバイトの採用の権限がなかった。

・勤務時間の定めがあり、毎日タイムカードに打刻していた。

・通常の従業員としての賃金以外の手当は全く支払われていなかった。

上記のような状況から管理監督者性が否定されました。

3、札幌地裁判決 平成14年4月18日

学習塾の営業課長が管理監督者にあたるかを争った事件です。

・人事管理を含めた運営に関する管理業務全般の事務を担当していたが、裁量的な権限が認められていなかった。

・出退勤について、タイムカードへの記録が求められ、他の従業員と同様に勤怠管理が行われていた。

・給与等の待遇も一般従業員と比較してそれほど高いとはいえなかった。

上記のような状況から管理監督者性が否定されました。

このように、多くは「タイムカードなどで勤怠管理をされる側であった」「管理者というほどの裁量が与えられていなかった」「管理者に相応しい手当などが支払われていなかった」などを根拠に管理監督者性が否定されています。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

一口に退職と言っても、様々な種類があります。どのような種類があるか、以下で見ていきましょう。 自己都合退職 従業員からの申し出による退職です。従業員が希望した日が退職日となります。 雇用契約期間満了による退職 有期契約社員が雇用契約期間を満了した場合の退職です。雇用契約期間の満了日が退職日となります。 定年退職 会社が定めた退職年齢に達した場合の退職です。定年に達した日の属する月の末日などが退職日

令和4年4月からの不妊治療が保険適用されます。その詳細について説明します。 保険診療を受けられる医療機関 助成金の指定医療機関であれば保険診療の施設基準を満たす経過措置があります(令和4年9月30日まで) 。かかりつけの医療機関又はお近くの医療機関にご確認の上、受診してください。 なお、先進医療を受ける場合治療内容や費用について同意が必要になりますが、それ以外に患者側に特段の手続はありません。 治

保険対象となる不妊治療について 菅政権の改革によって、令和4年4月以降体外受精などの基本治療が保険適用されます。 関係学会のガイドラインなどで有効性・安全性が確認された以下の治療について、保険適用されることになります。 一般不妊治療→タイミング法、人工授精 生殖補助医療→採卵採精 体外受精 顕微受精 受精卵・胚培養 胚凍結保存 胚移植 生殖補助医療のうち、上記に加えて実施されることのある「オプショ