• やなばら

損害賠償金を賃金から控除できるか

賃金の全額払いの原則により、法定福利費以外のものを天引きするためには労使協定が必要ですが、会社の備品を壊した時の修理代など「損害賠償金」は天引きして良いでしょうか。

賠償予定の禁止

前提として、労働者に対して損害賠償を予定することはできません。例えば一定期日前に退職したら賠償金◯◯円を払う、会社備品を壊したら一律◯◯円を払う、などの会社ルールを定めること自体が違法です。ただし、実際に発生した損害に応じて賠償請求をすること自体は可能です。

修理代全額を控除して良いかはわからない

前述の通り実費を計算して労働者に損害賠償請求はできるものの、100%本人の責任と認められることは少ないでしょう。雇用している労働者の管理監督責任や物品が壊れないよう職場環境を整えておく責任は会社にあるわけで、損害額の100%をそのまま従業員の賃金から控除することは過剰な天引きとなり、全額払いの趣旨に反する恐れがあるためです。

物品の破損に対する労働者の弁償については、その状況によりますが損害額の3割から最大でも5割程度になると考えた方が良いでしょう。

会社備品の修理代や顧客トラブルにかかる解決に関する損害賠償金は、例え労使協定に定めがあったとしても、事案ごとに会社と労働者が個別に協議して決定し、その都度従業員の合意を取っておくようにしましょう。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

一口に退職と言っても、様々な種類があります。どのような種類があるか、以下で見ていきましょう。 自己都合退職 従業員からの申し出による退職です。従業員が希望した日が退職日となります。 雇用契約期間満了による退職 有期契約社員が雇用契約期間を満了した場合の退職です。雇用契約期間の満了日が退職日となります。 定年退職 会社が定めた退職年齢に達した場合の退職です。定年に達した日の属する月の末日などが退職日

令和4年4月からの不妊治療が保険適用されます。その詳細について説明します。 保険診療を受けられる医療機関 助成金の指定医療機関であれば保険診療の施設基準を満たす経過措置があります(令和4年9月30日まで) 。かかりつけの医療機関又はお近くの医療機関にご確認の上、受診してください。 なお、先進医療を受ける場合治療内容や費用について同意が必要になりますが、それ以外に患者側に特段の手続はありません。 治

保険対象となる不妊治療について 菅政権の改革によって、令和4年4月以降体外受精などの基本治療が保険適用されます。 関係学会のガイドラインなどで有効性・安全性が確認された以下の治療について、保険適用されることになります。 一般不妊治療→タイミング法、人工授精 生殖補助医療→採卵採精 体外受精 顕微受精 受精卵・胚培養 胚凍結保存 胚移植 生殖補助医療のうち、上記に加えて実施されることのある「オプショ