• やなばら

労災保険の「二次健康診断等給付」について

仕事中の怪我や仕事を原因とした病気に対しては労災保険の補償対象となりますが、その他健康診断に関する給付もあります。

二次健康診断等給付は、職場の定期健康診断等(以下「一次健康診断」といいます)で異常の所見が認められた場合に、脳血管・心臓の状態を把握するための二次健康診断及び脳・心臓疾患の発症の予防を図るための特定保健指導を1年度内に1回、無料で受診することができる制度です。

目的

二次健康診断給付は、脳血管疾患・心臓疾患の早期発見、予防を目的としたものです。実際に労災事故がなくても対象となります。

給付の要件

給付の要件としては次の3つです。

1、一次健康診断の結果、異常の所見が認められること

一次健康診断の結果、次のすべての検査項目について、「異常の所見」があると診断されたときは二次健康診断等給付を受けることができます。

(1)血圧検査

(2)血中脂質検査

(3)血糖検査

(4)腹囲の検査またはBMI(肥満度)の測定

2、脳・心臓疾患の症状を有していないこと

一次健康診断またはその他の機会で、医師により脳・心臓疾患の症状を有すると診断された場合、二次健康診断等給付を受けることはできません。

3、労災保険の特別加入者でないこと

中小企業の役員などの「特別加入者」については、特別加入者は二次健康診断等給付の対象とはなりません。

給付の内容

二次健康診断等給付には「二次健康診断」と「特定保健指導」があります。

1、二次健康診断

二次健康診断は、脳血管と心臓の状態を把握するために必要な検査で、具体的には、次の検査を行います。

(1)空腹時血中脂質検査

(2)空腹時血糖値検査

(3)ヘモグロビンA₁c検査

 ※一次健康診断で受検している場合は、二次健康診断では行いません。

(4)負荷心電図検査または胸部超音波検査(心エコー検査)のいずれか一方の検査

(5)頸部超音波検査(頸部エコー検査)

(6)微量アルブミン尿検査

 ※一次健康診断の尿蛋白検査で、疑陽性(±)または弱陽性(+)の所見が認められた場合に限ります。

2、特定保健指導

特定保健指導は、二次健康診断の結果に基づき、脳・心臓疾患の発症の予防を図るため、医師または保健師の面接により行われる保健指導です。具体的には、次の指導を行います。

(1)栄養指導

(2)運動指導

(3)生活指導

なお、すでに二次健康診断の結果、脳・心臓疾患の症状を有していると診断された場合は、特定保健指導は、実施されません。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

事業主は、3歳未満の子を養育する従業員について、従業員が希望すれば利用できる育児のための短時間勤務制度を設けなければなりません。 短時間勤務制度の対象となる従業員 短時間勤務制度の対象となる従業員は、以下のいずれにも該当する男女労働者です。(女性だけでなく男性も短時間勤務制度の対象となる点に注意が必要です。 ① 3歳未満の子を養育する従業員であって、短時間勤務をする期間に育児休業をしていないこと。

過去に厚生労働省が副業・兼業の促進に関するガイドラインを出した経緯もあり、複数の事業所で雇用されている人が増えてきたと思います。また、令和4年10月からは短時間労働者への社会保険適用が拡大されますので、短時間労働者=保険未加入者ではなくなっていきます。各保険の取り扱いについて見ていきます。 例:A社で週30時間勤務、B社で週10時間勤務のケース(両社とも雇用契約) 1、労災保険について 労働者が、

令和4年10月から士業の個人事業所(常時5人以上の従業員を雇用)は社会保険の加入が必要となることは以前にもご紹介した通りですが、10月が近づいてきたこともあり、気になる点を以下のQ&A方式でご紹介いたします。 【Q1】社会保険への加入に際し必要な届出は何ですか? 【A】日本年金機構(事業所の所在地を管轄する事務センター等)に「新規適用届」と「被保険者資格取得届」の提出が必要です。その他、「被扶養者