• やなばら

雇い止めの注意点

「雇止め」とは、有期雇用契約の従業員を契約期間終了のタイミングで契約を更新せずに雇用を打ち切ることを言います。解雇と異なり「ただ期間が満了し更新しなかったただけ」なので一見問題がないように思われますが、雇い止め法理によって雇い止めが認められないことがあります。

雇い止め法理とは

雇止め法理とは、「法律で定める場合は、契約社員の雇止めに合理的な理由が必要とされ、合理的な理由のない雇止めは無効とされる」ルールをいいます。

契約が過去に何回も反復更新されて期限の定めのない労働契約と同一視できるような実態である場合(実質無期型と言われます。期間の定めのある労働契約であっても、業務の客観的内容や当事者の主観的態様、更新手続などの事情を考慮して、当該有期契約が期間の定めのない契約と実質的に異ならない場合)

労働者が契約の更新を期待するのがもっともであり合理的だと考えられる事情がある場合(期待保護型と言われるもので、長期にわたる更新がなく、⑴に該当しない場合でも、業務内容の恒常性や当事者間の言動、認識などの事情から、有期労働者が雇用の継続を期待することについて合理性があると認められる場合)

には、更新をしないことは許されず、契約が更新されたものと見なされてそれまでと同一の労働条件で契約が続くことになります。

注意点

契約社員を雇い止めしたい場合は、上記の⑴⑵に該当することのないようにしなければなりません。例えば契約更新をおざなりにせず都度判断基準をもとに客観的に判断する、「正社員にする予定だから」などの言動を言わない、などです。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

一口に退職と言っても、様々な種類があります。どのような種類があるか、以下で見ていきましょう。 自己都合退職 従業員からの申し出による退職です。従業員が希望した日が退職日となります。 雇用契約期間満了による退職 有期契約社員が雇用契約期間を満了した場合の退職です。雇用契約期間の満了日が退職日となります。 定年退職 会社が定めた退職年齢に達した場合の退職です。定年に達した日の属する月の末日などが退職日

令和4年4月からの不妊治療が保険適用されます。その詳細について説明します。 保険診療を受けられる医療機関 助成金の指定医療機関であれば保険診療の施設基準を満たす経過措置があります(令和4年9月30日まで) 。かかりつけの医療機関又はお近くの医療機関にご確認の上、受診してください。 なお、先進医療を受ける場合治療内容や費用について同意が必要になりますが、それ以外に患者側に特段の手続はありません。 治

保険対象となる不妊治療について 菅政権の改革によって、令和4年4月以降体外受精などの基本治療が保険適用されます。 関係学会のガイドラインなどで有効性・安全性が確認された以下の治療について、保険適用されることになります。 一般不妊治療→タイミング法、人工授精 生殖補助医療→採卵採精 体外受精 顕微受精 受精卵・胚培養 胚凍結保存 胚移植 生殖補助医療のうち、上記に加えて実施されることのある「オプショ