• やなばら

通勤手当の不正受給への対処

通勤手当について会社は法律上は必ずしも支払わなければないものではありません。会社が支給基準や金額を自由に決めて良いものです。しかし、実際には労働の対価としての基本給などとは別に通勤にかかる経費を会社が支給するという考えは一般的であり、労働者もそれを期待して言うことから多くの会社で通勤手当を支給しています。

その通勤手当を不正に受給していた場合、会社としてどのような対応をすべきでしょうか。


・不正のパターン

不正のパターンとして多いものが、「通勤経路」と「通勤手段」を虚偽に申告するものです。

1)実際には自転車で通っているのに電車で通っていると偽って定期代をもらう

2)自宅から最寄駅までバスを使っていると申告していると偽る

3)迂回するようなルートを申告して、その分の公共交通機関の費用を請求する

このように、会社にウソをついて通勤手当を不正受給することは一種の横領行為です。


・対応策

通勤手当の不正受給は金額的には軽微なものですが、正しく申告している社員との公平性のためにも見過ごさずに対応すべきでしょう。

具体的には、①過去に遡っての不正受給分の返還をさせる②懲戒処分を行うという二つをするべきでしょう。②の懲戒については、金額にもよりますが訓戒や始末書提出などの処分が妥当なところではないでしょうか。悪質性が高い場合はもっと重い処分(降格、減給、出勤停止や懲戒解雇など)も検討しなければならないかもしれません。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

事業主は、3歳未満の子を養育する従業員について、従業員が希望すれば利用できる育児のための短時間勤務制度を設けなければなりません。 短時間勤務制度の対象となる従業員 短時間勤務制度の対象となる従業員は、以下のいずれにも該当する男女労働者です。(女性だけでなく男性も短時間勤務制度の対象となる点に注意が必要です。 ① 3歳未満の子を養育する従業員であって、短時間勤務をする期間に育児休業をしていないこと。

過去に厚生労働省が副業・兼業の促進に関するガイドラインを出した経緯もあり、複数の事業所で雇用されている人が増えてきたと思います。また、令和4年10月からは短時間労働者への社会保険適用が拡大されますので、短時間労働者=保険未加入者ではなくなっていきます。各保険の取り扱いについて見ていきます。 例:A社で週30時間勤務、B社で週10時間勤務のケース(両社とも雇用契約) 1、労災保険について 労働者が、

令和4年10月から士業の個人事業所(常時5人以上の従業員を雇用)は社会保険の加入が必要となることは以前にもご紹介した通りですが、10月が近づいてきたこともあり、気になる点を以下のQ&A方式でご紹介いたします。 【Q1】社会保険への加入に際し必要な届出は何ですか? 【A】日本年金機構(事業所の所在地を管轄する事務センター等)に「新規適用届」と「被保険者資格取得届」の提出が必要です。その他、「被扶養者