• やなばら

育児を理由とする短時間勤務制度のルール1  

事業主は、3歳未満の子を養育する従業員について、従業員が希望すれば利用できる育児のための短時間勤務制度を設けなければなりません。

短時間勤務制度の対象となる従業員

 短時間勤務制度の対象となる従業員は、以下のいずれにも該当する男女労働者です。(女性だけでなく男性も短時間勤務制度の対象となる点に注意が必要です。

 ① 3歳未満の子を養育する従業員であって、短時間勤務をする期間に育児休業をしていないこと。

 ② 日々雇用される従業員でないこと。

 ③ 1日の所定労働時間が6時間以下でないこと。

 ④ 労使協定により適用除外とされた従業員でないこと。

   以下のア)~ウ)の従業員は、労使協定により適用除外となる場合があります。

   ア)当該事業主に引き続き雇用された期間が1年に満たない従業員

   イ)1週間の所定労働日数が2日以下の従業員

   ウ)業務の性質又は業務の実施体制に照らして、短時間勤務制度を講ずることが困難と認められる業務に従事する従業員

短時間勤務制度に向かないケースとは

上記ウについて、「短時間勤務制度が馴染まない業務に従事している場合は除外対象となる」という意味ですが、具体的には以下のような業務が挙げられます。

・国際線のパイロットやC Aなど、業務の性質に照らして制度の対象とすることが困難と認められる業務

・労働者数が少ない事業所において、当該業務に従事しうる労働者数が著しく少ない場合など

・流れ作業方式による製造業務であって、短時間勤務の者を勤務体制に組み込むことが困難な業務など

・交替制勤務による製造業務であって、短時間勤務の者を勤務体制に組み込むことが困難な業務など

・個人ごとに担当する企業、地域等が厳密に分担されていて、他の労働者では代替が困難な営業業務など

なお、ウに該当する従業員を適用除外とした場合、事業主は、代替措置として、以下のいずれかの制度を講じなければなりません。

(a)育児休業に関する制度に準ずる措置

(b)フレックスタイム制度

(c)始業・終業時間の繰り上げ・繰り下げ(時差出勤の制度)

(d)従業員の3歳に満たない子に係る保育施設の設置運営その他これに準ずる便宜の供与

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

過去に厚生労働省が副業・兼業の促進に関するガイドラインを出した経緯もあり、複数の事業所で雇用されている人が増えてきたと思います。また、令和4年10月からは短時間労働者への社会保険適用が拡大されますので、短時間労働者=保険未加入者ではなくなっていきます。各保険の取り扱いについて見ていきます。 例:A社で週30時間勤務、B社で週10時間勤務のケース(両社とも雇用契約) 1、労災保険について 労働者が、

令和4年10月から士業の個人事業所(常時5人以上の従業員を雇用)は社会保険の加入が必要となることは以前にもご紹介した通りですが、10月が近づいてきたこともあり、気になる点を以下のQ&A方式でご紹介いたします。 【Q1】社会保険への加入に際し必要な届出は何ですか? 【A】日本年金機構(事業所の所在地を管轄する事務センター等)に「新規適用届」と「被保険者資格取得届」の提出が必要です。その他、「被扶養者

令和4年度の最低賃金ですが、昨年に引き続き全国平均で30円以上と大きな引き上げ額となりました。改めて、昨年との比較は以下のようになっております。( )内の数字が令和3年度地域別最低賃金です。 東京 :1,072(1,041)円 神奈川:1,071(1,040)円 千葉 :984 (953)円 埼玉 :987 (956)円 大阪 :1,023(992)円 発行年月日等の詳細は下記URLをご参