• やなばら

社会保険料の算定基準となる標準報酬月額について

社会保険(健康保険・厚生年金保険)の保険料や保険給付額の計算にあたっては、事務処理を簡単にするため、あらかじめ一定の幅(等級)で区切った標準報酬月額が設定されており、この標準報酬月額に各保険料率を乗じて保険料が決められております。

標準報酬月額は社員ごとの給与に基づいて決定され、それを一定期間使用することで保険料徴収事務が簡略化されております。標準報酬月額の決定方法は主に以下4つあります。

【1】資格取得時決定

被保険者が資格を取得した際、つまり入社時に今後受け取る予定の給与に基づき標準報酬月額が決まります。ここで決まった標準報酬月額は、資格取得日が1月1日~5月31日である場合はその年の8月まで、6月1日~12月31日のときは翌年8月まで適用されます。

【2】定時決定

毎年7月1日に在籍している被保険者について、4月、5月、6月に支給した給与総額を3で除した金額に基づき標準報酬月額が決定されます。これにより決定された標準報酬月額は、随時改定が行われない限り、その年の9月から翌年8月まで適用されます。

毎年5月下旬頃に、年金事務所から「算定基礎届」書類が送られてきて、そちらに記載のうえ提出することで決まります。

【3】随時改定

昇降給や賃金体系の変動などにより、従前の標準報酬月額と2等級以上の差が生じた場合に、4か月目から標準報酬月額を改定します。改定した標準報酬月額は、改定月が1月~6月である場合はその年の8月まで、7月~12月のときは翌年8月まで適用されます。

【4】育児休業終了時の改定

育児休業終了時に、3歳に満たない子を養育する従業員の報酬が短時間勤務等により減給となる場合、随時改定の要件に該当しなくても標準報酬月額が改定されます。会社を通じて申し出ることにより、一定の要件に該当すれば標準報酬月額を速やかに下げることが可能です。

標準報酬月額は将来の給付額にも関わってきますので、正しい理解と届出が求められます。また、新たな標準報酬月額に基づく社会保険料が何月支給の給与から適用されるかを把握しておくことも大切です。なかなかなれない分野だと思いますので、専門家に依頼すると良いでしょう。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

一口に退職と言っても、様々な種類があります。どのような種類があるか、以下で見ていきましょう。 自己都合退職 従業員からの申し出による退職です。従業員が希望した日が退職日となります。 雇用契約期間満了による退職 有期契約社員が雇用契約期間を満了した場合の退職です。雇用契約期間の満了日が退職日となります。 定年退職 会社が定めた退職年齢に達した場合の退職です。定年に達した日の属する月の末日などが退職日

令和4年4月からの不妊治療が保険適用されます。その詳細について説明します。 保険診療を受けられる医療機関 助成金の指定医療機関であれば保険診療の施設基準を満たす経過措置があります(令和4年9月30日まで) 。かかりつけの医療機関又はお近くの医療機関にご確認の上、受診してください。 なお、先進医療を受ける場合治療内容や費用について同意が必要になりますが、それ以外に患者側に特段の手続はありません。 治

保険対象となる不妊治療について 菅政権の改革によって、令和4年4月以降体外受精などの基本治療が保険適用されます。 関係学会のガイドラインなどで有効性・安全性が確認された以下の治療について、保険適用されることになります。 一般不妊治療→タイミング法、人工授精 生殖補助医療→採卵採精 体外受精 顕微受精 受精卵・胚培養 胚凍結保存 胚移植 生殖補助医療のうち、上記に加えて実施されることのある「オプショ