• やなばら

未成年者を雇用する場合の注意点

未成年を雇用することは可能ですが、心身ともに成熟していない未成年の雇用には様々な制限が定められています。

1、最低年齢

労動基準法では、満15歳に達した日以後の最初の3月31日が終了するまで、つまり通常中学校卒業までの児童について、原則として労働者として使用することはできないと定めています。

ただし、満13歳以上の児童については、「非工業的業種」でかつ「健康及び福祉に有害でないこと」「労働が軽易であること」「修学時間外に使用すること」「所轄労働基準監督署長の許可を得ること」などの要件を満たした場合は使用することができるとされています。

なお、映画の製作または演劇の事業に限り、満13歳未満の児童についても上記の要件を満たしたうえで使用することができます。テレビなどで見る子役タレントはこの規定により雇用していることになります。

2、労働時間

年少者には、原則として時間外労働や休日労動、深夜労働をさせることができません。また、原則として変形労働時間制やフレックスタイム制などを適用することもできません。

3、危険有害業務の制限

年少者は重量物を取り扱う業務や危険な業務、衛生上または福祉上有害な業務に就業させることが禁止されています。

4、年齢証明書等の備え付け

年少者を使用する場合、使用者は、その年齢を証明する書類(氏名および出生年月日についての住民票記載事項証明書)を事業場に備え付けなければならないことになっています。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

一口に退職と言っても、様々な種類があります。どのような種類があるか、以下で見ていきましょう。 自己都合退職 従業員からの申し出による退職です。従業員が希望した日が退職日となります。 雇用契約期間満了による退職 有期契約社員が雇用契約期間を満了した場合の退職です。雇用契約期間の満了日が退職日となります。 定年退職 会社が定めた退職年齢に達した場合の退職です。定年に達した日の属する月の末日などが退職日

令和4年4月からの不妊治療が保険適用されます。その詳細について説明します。 保険診療を受けられる医療機関 助成金の指定医療機関であれば保険診療の施設基準を満たす経過措置があります(令和4年9月30日まで) 。かかりつけの医療機関又はお近くの医療機関にご確認の上、受診してください。 なお、先進医療を受ける場合治療内容や費用について同意が必要になりますが、それ以外に患者側に特段の手続はありません。 治

保険対象となる不妊治療について 菅政権の改革によって、令和4年4月以降体外受精などの基本治療が保険適用されます。 関係学会のガイドラインなどで有効性・安全性が確認された以下の治療について、保険適用されることになります。 一般不妊治療→タイミング法、人工授精 生殖補助医療→採卵採精 体外受精 顕微受精 受精卵・胚培養 胚凍結保存 胚移植 生殖補助医療のうち、上記に加えて実施されることのある「オプショ