• やなばら

労働保険とはどのような保険か

1)労働保険とは

労働保険と総称して呼ばれる事が多いですが、内訳は①労働者災害保険(以下、労災保険)と②雇用保険の2つあり、それぞれ以下のような保険になっております。

①労災保険…労働者が業務災害もしくは通勤中による災害が原因でおこった病気や怪我、障害および死亡等に対して補償をする保険

②雇用保険…主に、失業した際の生活保障を中心とする失業等給付を行う保険


2)加入対象者

労働保険は、事業所ごとに加入する必要があり、労災保険・雇用保険共に該当する労働者を1人でも雇用した事業所は、原則として必ず加入しなければなりません。


3)各保険料負担

保険料の負担者、計算方法は以下のようになります。

労災保険料…保険料を負担するのは事業主のみです。保険料は、賃金総額×労災保険料率によって決まり、保険料率は事業の種類によって決まります。

雇用保険料…労使折半で負担します。保険料は、賃金総額×雇用保険料率(加入者の料率、事業主の料率)によって決まり、各保険料率は事業の種類によって決まります。

加入者本人の雇用保険料は、毎月の給与から天引きをしていき、事業主は天引きした保険料と事業主負担分を合算して毎年1回労働保険料として納付します。


4)手続きの窓口

労災保険の手続きは、管轄の労働基準監督署、雇用保険の手続きは管轄のハローワーク(公共職業安定所)が窓口となります。


労働保険の加入手続きを怠っていると、加入すべき過去の期間について遡って徴収をされ、追徴金を徴収されることもあります。また、労災事故が起きた際には、被災者へ給付した費用の全部又は一部を事業主が徴収されることもあります。

加入義務があるか不安な場合は、最寄りの監督署に相談をするか、社労士等の専門家に相談してみた方が良いでしょう。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

一口に退職と言っても、様々な種類があります。どのような種類があるか、以下で見ていきましょう。 自己都合退職 従業員からの申し出による退職です。従業員が希望した日が退職日となります。 雇用契約期間満了による退職 有期契約社員が雇用契約期間を満了した場合の退職です。雇用契約期間の満了日が退職日となります。 定年退職 会社が定めた退職年齢に達した場合の退職です。定年に達した日の属する月の末日などが退職日

令和4年4月からの不妊治療が保険適用されます。その詳細について説明します。 保険診療を受けられる医療機関 助成金の指定医療機関であれば保険診療の施設基準を満たす経過措置があります(令和4年9月30日まで) 。かかりつけの医療機関又はお近くの医療機関にご確認の上、受診してください。 なお、先進医療を受ける場合治療内容や費用について同意が必要になりますが、それ以外に患者側に特段の手続はありません。 治

保険対象となる不妊治療について 菅政権の改革によって、令和4年4月以降体外受精などの基本治療が保険適用されます。 関係学会のガイドラインなどで有効性・安全性が確認された以下の治療について、保険適用されることになります。 一般不妊治療→タイミング法、人工授精 生殖補助医療→採卵採精 体外受精 顕微受精 受精卵・胚培養 胚凍結保存 胚移植 生殖補助医療のうち、上記に加えて実施されることのある「オプショ