• やなばら

メンタル疾患による休職の申し出があったときの対応②  

近年ますます増えているのが、うつ病などメンタル疾患による休職です。メンタル疾患による休職の申し出があったときに会社が注意すべきポイントについて整理します。

3、精神疾患での休職トラブル(休職中)

休職中、会社から病気療養を理由に休職を認められているわけですから、労働者には治療に専念する義務があると解されます。精神疾患の場合はこの治療専念の判断が難しくなります。例えばS N Sで旅行に出掛けていた場合、会社としては「病気といいつつ遊んでいるじゃないか」と不信に思うこともあるでしょう。しかし、精神疾患の治療の一環として、環境を変えて精神安定を図っていた、という説明も成り立つ可能性があります。

できることといえば現状の確認です。会社は労働契約の当事者であるわけですから、少なくとも休職中労働者の療養現状を把握するために必要な質問をしたり、報告を求めたりすることができます。精神疾患であることを配慮しつつ、過剰にならない範囲で病状報告をさせると良いでしょう。

4、復帰の際のトラブル(出口)

休職期間中に病気や精神疾患から回復(治癒)して、会社での労働が可能になれば休職は満了し、会社への復職になります。この「病気や精神疾患が回復(治癒)したかどうか」という点が最も多いトラブルです。

休職に関する労使トラブルが訴訟にまで発展した場合、裁判では「傷病の休職期間の満了時に従前の業務に復帰できる状態ではなくても、より軽易な業務には就くことができて、労働者からそうした業務での復職の希望がある場合、使用者は現実に配置可能な業務の有無を検討する義務がある」と判断する傾向にあります

(片山組事件-最高裁平成10年4月9日第一小法廷判決)。

復帰ができるか否かの判断については、再び医師の診断書を根拠としますが、こちらも休職開始時同様に会社が指定する医師にセカンドオピニオンを求めることができます。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

一口に退職と言っても、様々な種類があります。どのような種類があるか、以下で見ていきましょう。 自己都合退職 従業員からの申し出による退職です。従業員が希望した日が退職日となります。 雇用契約期間満了による退職 有期契約社員が雇用契約期間を満了した場合の退職です。雇用契約期間の満了日が退職日となります。 定年退職 会社が定めた退職年齢に達した場合の退職です。定年に達した日の属する月の末日などが退職日

令和4年4月からの不妊治療が保険適用されます。その詳細について説明します。 保険診療を受けられる医療機関 助成金の指定医療機関であれば保険診療の施設基準を満たす経過措置があります(令和4年9月30日まで) 。かかりつけの医療機関又はお近くの医療機関にご確認の上、受診してください。 なお、先進医療を受ける場合治療内容や費用について同意が必要になりますが、それ以外に患者側に特段の手続はありません。 治

保険対象となる不妊治療について 菅政権の改革によって、令和4年4月以降体外受精などの基本治療が保険適用されます。 関係学会のガイドラインなどで有効性・安全性が確認された以下の治療について、保険適用されることになります。 一般不妊治療→タイミング法、人工授精 生殖補助医療→採卵採精 体外受精 顕微受精 受精卵・胚培養 胚凍結保存 胚移植 生殖補助医療のうち、上記に加えて実施されることのある「オプショ