• やなばら

メンタル疾患による休職の申し出があったときの対応②  

近年ますます増えているのが、うつ病などメンタル疾患による休職です。メンタル疾患による休職の申し出があったときに会社が注意すべきポイントについて整理します。

3、精神疾患での休職トラブル(休職中)

休職中、会社から病気療養を理由に休職を認められているわけですから、労働者には治療に専念する義務があると解されます。精神疾患の場合はこの治療専念の判断が難しくなります。例えばS N Sで旅行に出掛けていた場合、会社としては「病気といいつつ遊んでいるじゃないか」と不信に思うこともあるでしょう。しかし、精神疾患の治療の一環として、環境を変えて精神安定を図っていた、という説明も成り立つ可能性があります。

できることといえば現状の確認です。会社は労働契約の当事者であるわけですから、少なくとも休職中労働者の療養現状を把握するために必要な質問をしたり、報告を求めたりすることができます。精神疾患であることを配慮しつつ、過剰にならない範囲で病状報告をさせると良いでしょう。

4、復帰の際のトラブル(出口)

休職期間中に病気や精神疾患から回復(治癒)して、会社での労働が可能になれば休職は満了し、会社への復職になります。この「病気や精神疾患が回復(治癒)したかどうか」という点が最も多いトラブルです。

休職に関する労使トラブルが訴訟にまで発展した場合、裁判では「傷病の休職期間の満了時に従前の業務に復帰できる状態ではなくても、より軽易な業務には就くことができて、労働者からそうした業務での復職の希望がある場合、使用者は現実に配置可能な業務の有無を検討する義務がある」と判断する傾向にあります

(片山組事件-最高裁平成10年4月9日第一小法廷判決)。

復帰ができるか否かの判断については、再び医師の診断書を根拠としますが、こちらも休職開始時同様に会社が指定する医師にセカンドオピニオンを求めることができます。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

事業主は、3歳未満の子を養育する従業員について、従業員が希望すれば利用できる育児のための短時間勤務制度を設けなければなりません。 短時間勤務制度の対象となる従業員 短時間勤務制度の対象となる従業員は、以下のいずれにも該当する男女労働者です。(女性だけでなく男性も短時間勤務制度の対象となる点に注意が必要です。 ① 3歳未満の子を養育する従業員であって、短時間勤務をする期間に育児休業をしていないこと。

過去に厚生労働省が副業・兼業の促進に関するガイドラインを出した経緯もあり、複数の事業所で雇用されている人が増えてきたと思います。また、令和4年10月からは短時間労働者への社会保険適用が拡大されますので、短時間労働者=保険未加入者ではなくなっていきます。各保険の取り扱いについて見ていきます。 例:A社で週30時間勤務、B社で週10時間勤務のケース(両社とも雇用契約) 1、労災保険について 労働者が、

令和4年10月から士業の個人事業所(常時5人以上の従業員を雇用)は社会保険の加入が必要となることは以前にもご紹介した通りですが、10月が近づいてきたこともあり、気になる点を以下のQ&A方式でご紹介いたします。 【Q1】社会保険への加入に際し必要な届出は何ですか? 【A】日本年金機構(事業所の所在地を管轄する事務センター等)に「新規適用届」と「被保険者資格取得届」の提出が必要です。その他、「被扶養者