• やなばら

ソトラボ 道志村視察レポート 2018/11/13

こんにちは。ソトラボプロジェクトリーダーの林です。


2018年11月13日(火)

今回は課外活動をするのではなく「視察」という目的で道志村を目指しました。





ソトラボの拠点を作りたい


漠然としたビジョンですがアクティビティをシェアできたり、時にはワーク的な事で使用できたりと課外活動の様々な可能性を秘めたソトラボの拠点をどこかに作りたい!

そんなそんな想いが以前よりありました。



なぜ道志村?


代表の柳原が道志村の事が大好きだからです。(笑)

美しい山々や木々、清らかな清流、懐かしい里山の風景、など魅力満載な風土に引き込まれる人も多く、都心からのアクセスもそう悪くは無いという素晴らしい地域なのです。


私も道志村が大好きです。(笑)





役場、移住支援センター、ソトラボの三者ミーティング


しかしながら、地域の方々との繋がり信頼関係を構築してから歩みを進めたいというコンセプトがあり、いきなり参入!という考えは無かったので、まずは道志村と繋がりを持ちたいという事で、道志村役場とタッグを組んで移住を支援している道志村移住支援センターへ相談を打診し今回の意見交換と視察が実現したわけであります。


道志村役場を訪れソトラボのビジョンや取り組み、また道志村の現状や問題点、注力している政策など双方の有意義な意見交換の場とする事が出来ました。





ソトラボとしてできること


地域貢献と信頼構築という点において、大変興味深かったのがバイオマス燃料とそのサイクル構想の話です。


→今までの重油に頼っていたエネルギーを薪の使用によりボイラーで熱源を確保する

→その為には薪が必要である

→水源保護の為の間伐により薪材が生まれる

→間伐したエリアを有効活用しMTBのコースなどを設置してレジャーの誘致に活用する


このサイクルには何かワクワクするものを感じました。



薪づくりからスタートしよう


そこでソトラボでは始めの一歩として薪づくりをしてみようと思います。

この活動を皮切りに足繁く道志村へ通い環境保全とコミュニケーションを強固なものにできたらなと考えております。





ちなみに拠点のイメージ作りの為に物件もいくつか拝見してきました。(^^)/

テンション上がっちゃいました!



最後に

道志村役場ふるさと振興課 菅谷課長、水越係長

道志村移住支援センター 大野航輔、志乃様

貴重なお時間を共有していただき誠にありがとうございました。



102回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

罰金制度の注意点  

労働基準法第91条では次のように定められています。 就業規則で、労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は、一回の額が平均賃金の一日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総額の十分の一を超えてはならない。 減給の制裁、つまり制裁を与える目的で減給すること自体は違法ではありませんが、この条文にあるように上限が定められています。そのほか、罰金制度にはいくつか注意点があります。

2021年11月「過重労働解消キャンペーン」について

2019年4月1日から、働き方改革に関連した改正労働基準法において、時間外労働の上限規制が罰則付きで規定され、また、2020年4月1日から時間外労働の上限規制が中小企業にも適用されました。 上記の法改正等の一層の定着を図るために、2021年11月厚生労働省で「過労死等防止啓発月間」の一環として「過重労働解消キャンペーン」が実施されます。長時間労働の削減等の過重労働解消に向けた取組を推進するための、

「男性版産休」の新設について  

男性の育児休業取得促進策を盛り込んだ育児・介護休業法の改正案が検討されています。 中でも子どもの誕生から8週間に夫が柔軟に育休を取れる制度「出生時育児休業」(男性版産休)を新設することに注目が集まっています。 ▷なぜ男性版産休か 産後8週間以内が特に母(妻)の育児の負担が大きく、産後鬱(うつ)などの課題もあることから、それらの解決のため「夫婦がそろって」休みやすい環境を整備することが主な狙いでしょ