• やなばら

ソトラボ 道志村活動レポート 2018/12/5

ソトラボ プロジェクトリーダーの林です。

12月5日(水)、6日(木)に道志村拠点設置計画の第一歩として

薪製造、MTBトレイルコース整備の体験をしに道志村へ行って来ました!


道志フォレスター!


当日、道志村移住支援やバイオマスエネルギー活用など多岐にわたり道志村の変革に尽力されております。大野航輔さんが代表を務めます㈱リトル・トリーの事務所へ集合し早速、

薪製造の作業場「木の駅」へ向かいました。



「道志フォレスターズ」と名付けられた薪製造チームと合流しまして作業開始!

皆様も移住者であり道志村のバイオマスエネルギ-活用を支える縁の下の力持ち的な存在だと感じました。



MTBトレイルコース整備!!


薪製造を終えお次はMTBトレイルコース整備の為、山中へと入っていきました。

このトレイル整備の目的はコース内に堆積した落ち葉を掻き出しコースの路面に埋まっている岩などの存在を分かるようにし、トレイルの安全を確保する為なのです。






台風の影響があった倒木は大野さん担当。チェーンソーでバンバン開通させていきます



山との一体感がとても心地良かったです。




整備だけじゃなく今度はトレイルしに来よう!!


焚き火は熱く!!!



道志村の夜は大野さんにリクエストしました「焚き火」が実現しました。

道志村移住者の皆様も駆けつけて頂き大盛況!

皆様、熱く道志村のこれからについて語りあっておりました。

焚き火って熱く語りあえる力がありますよね



焚き火のライブ配信を企画したり、フェスの事を試行錯誤したりと

話題はつきません。

夜は更け、いつの間に日付が変わっていました!



お宿は大野さんの秘密基地


今回は大野さんの秘密基地「長又ベース」へ宿泊。

深夜2:00頃、薪ストーブへ火入れ!!

みるみる内に室内はポカポカに、少し暑いくらい

寒さを感じず眠る事が出来ました。




今回の活動の所感

・キャンプ場をオープンさせた方

・農家を営む方

・MTB好き

・大野さんの多岐にわたる活動

様々な目的で道志村に集まってきた方々と触れ合ってみて

この焚き火を通じての出会いを大切にし、足繁く通い皆さまの活動に関わりをもっていきたいと改めて感じました。




58回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新型コロナウイルス濃厚接触者となった社員の取扱いについて

新型コロナウイルスの濃厚接触者となった社員については、どのように判断すれば良いでしょうか。以下順を追って説明します。 前提 濃厚接触者とは 濃厚接触者とは、新型コロナウイルスに感染していることが確認された方と近距離で接触、或いは長時間接触し、感染の可能性が相対的に高くなっている方を指します。 濃厚接触かどうかを判断する上で重要な要素は上述のとおり、1.距離の近さと2.時間の長さです。 必要な感染予

特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲の概要について

新型コロナウイルスに関連した雇用不安が報道されていますが、解雇その他やむを得ない理由で失業した場合は失業保険給付が手厚くなることがあります。 この、やむを得ない事情で離職した人のことを「特定受給資格者」「特定理由離職者」と言います。 1、特定受給資格者の範囲 「倒産」等により離職した者 (1) 倒産(破産、民事再生、会社更生等の各倒産手続の申立て又は手形取引の停止等)に伴い離職した者 (2) 事業

新型コロナウイルス感染症の影響による離職者の離職証明書記載について

雇用保険の被保険者が離職した場合、事業主は離職者からの求めに応じて離職証明書を発行しなければなりません。コロナ禍においては、新型コロナウイルス感染症の影響により離職した場合、基本手当の給付日数延長の対象になる可能性があり、対象者を把握するために以下取扱いに留意するよう案内が出ております。 <離職証明書の記載について> ・離職証明書の⑦離職理由欄が、「4(2)重責解雇」、「5(2)労働者の個人的な事