• やなばら

ソトラボ 道志村ワークショップ参加報告2019/01/24

ソトラボプロジェクトリーダーの林です。

1月24日(木) 道志村のこれからについてのワークショップに参加してきました。



SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALSって

知ってますか?


長い名前ですよね。一般的には略されて「SDGs」(エスディージーズ)と呼ばれています。


一体何のことなの?というと、持続可能な開発目標という意味あいの計画で

このままでは環境もエネルギーも危ないぜ!

という事で2030年までに国連が主導で行う17個の目標をゴールとして国、地域、企業、そして個人が意識してアクションして行こうという事です。





ワークショップスタート!


そんなSDGsをベースに道志村の現状から未来へ向けてのディスカッションがはじまりました。

17の目標を参加者の特徴に当てはめグループ分けをします。

その中で①道志村の誇れる事②それを高めるには③他のグループに通じることは

を話し合いました。

それぞれのセクションでグループ替えをし意見を出し合います。




そしてグループごとの発表ですが・・・

なぜか代表柳原と私、林の村外コンビが発表すことに・・・




17の目標から導き出された意見では圧倒的に「森と水」に対する執着が高かったです。

要するに森の管理を高め、水を清らかに保つ。そして産業や雇用、社会福祉、教育など全てが健全となっていくような結論に個人的には思えました。



締めはお決まりの焚火トークで


ワークショップ終了後道志村の焚火仲間マコトさんが開拓中のCSD2.0(キャンプスペース道志)というキャンプ場へお邪魔してきました。。

CSDの整備へのクラウドファンディングを成功させたキャンプ場オーナーの熱いお話を聞くことができました。



41回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

罰金制度の注意点  

労働基準法第91条では次のように定められています。 就業規則で、労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は、一回の額が平均賃金の一日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総額の十分の一を超えてはならない。 減給の制裁、つまり制裁を与える目的で減給すること自体は違法ではありませんが、この条文にあるように上限が定められています。そのほか、罰金制度にはいくつか注意点があります。

2021年11月「過重労働解消キャンペーン」について

2019年4月1日から、働き方改革に関連した改正労働基準法において、時間外労働の上限規制が罰則付きで規定され、また、2020年4月1日から時間外労働の上限規制が中小企業にも適用されました。 上記の法改正等の一層の定着を図るために、2021年11月厚生労働省で「過労死等防止啓発月間」の一環として「過重労働解消キャンペーン」が実施されます。長時間労働の削減等の過重労働解消に向けた取組を推進するための、

「男性版産休」の新設について  

男性の育児休業取得促進策を盛り込んだ育児・介護休業法の改正案が検討されています。 中でも子どもの誕生から8週間に夫が柔軟に育休を取れる制度「出生時育児休業」(男性版産休)を新設することに注目が集まっています。 ▷なぜ男性版産休か 産後8週間以内が特に母(妻)の育児の負担が大きく、産後鬱(うつ)などの課題もあることから、それらの解決のため「夫婦がそろって」休みやすい環境を整備することが主な狙いでしょ