• やなばら

ソトラボ 道志村ワークショップ参加報告2019/01/24

ソトラボプロジェクトリーダーの林です。

1月24日(木) 道志村のこれからについてのワークショップに参加してきました。



SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALSって

知ってますか?


長い名前ですよね。一般的には略されて「SDGs」(エスディージーズ)と呼ばれています。


一体何のことなの?というと、持続可能な開発目標という意味あいの計画で

このままでは環境もエネルギーも危ないぜ!

という事で2030年までに国連が主導で行う17個の目標をゴールとして国、地域、企業、そして個人が意識してアクションして行こうという事です。





ワークショップスタート!


そんなSDGsをベースに道志村の現状から未来へ向けてのディスカッションがはじまりました。

17の目標を参加者の特徴に当てはめグループ分けをします。

その中で①道志村の誇れる事②それを高めるには③他のグループに通じることは

を話し合いました。

それぞれのセクションでグループ替えをし意見を出し合います。




そしてグループごとの発表ですが・・・

なぜか代表柳原と私、林の村外コンビが発表すことに・・・




17の目標から導き出された意見では圧倒的に「森と水」に対する執着が高かったです。

要するに森の管理を高め、水を清らかに保つ。そして産業や雇用、社会福祉、教育など全てが健全となっていくような結論に個人的には思えました。



締めはお決まりの焚火トークで


ワークショップ終了後道志村の焚火仲間マコトさんが開拓中のCSD2.0(キャンプスペース道志)というキャンプ場へお邪魔してきました。。

CSDの整備へのクラウドファンディングを成功させたキャンプ場オーナーの熱いお話を聞くことができました。



39回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新型コロナウイルス濃厚接触者となった社員の取扱いについて

新型コロナウイルスの濃厚接触者となった社員については、どのように判断すれば良いでしょうか。以下順を追って説明します。 前提 濃厚接触者とは 濃厚接触者とは、新型コロナウイルスに感染していることが確認された方と近距離で接触、或いは長時間接触し、感染の可能性が相対的に高くなっている方を指します。 濃厚接触かどうかを判断する上で重要な要素は上述のとおり、1.距離の近さと2.時間の長さです。 必要な感染予

特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲の概要について

新型コロナウイルスに関連した雇用不安が報道されていますが、解雇その他やむを得ない理由で失業した場合は失業保険給付が手厚くなることがあります。 この、やむを得ない事情で離職した人のことを「特定受給資格者」「特定理由離職者」と言います。 1、特定受給資格者の範囲 「倒産」等により離職した者 (1) 倒産(破産、民事再生、会社更生等の各倒産手続の申立て又は手形取引の停止等)に伴い離職した者 (2) 事業

新型コロナウイルス感染症の影響による離職者の離職証明書記載について

雇用保険の被保険者が離職した場合、事業主は離職者からの求めに応じて離職証明書を発行しなければなりません。コロナ禍においては、新型コロナウイルス感染症の影響により離職した場合、基本手当の給付日数延長の対象になる可能性があり、対象者を把握するために以下取扱いに留意するよう案内が出ております。 <離職証明書の記載について> ・離職証明書の⑦離職理由欄が、「4(2)重責解雇」、「5(2)労働者の個人的な事