top of page
  • 執筆者の写真やなばら

ソトラボ!レポート vol.4 2018/11/22

最近、寒くなってきましたねぇ。ソトラボプロジェクトリーダーの林です。

寒くなってきてフィールドから足が遠のきがちになりますよねぇ


そこでそこで「冬のキャンプを快適に!」」を検証すべく11月22日(木)に第4回ソトラボを山梨県の本栖湖の湖畔にある浩庵キャンプ場にて開催しました!

ソトラボ初のレイクサイドであえて寒そうなフィールドをチョイスしました!


浩庵キャンプ場!!

今回お世話になります浩庵キャンプ場は湖岸沿いにテントを設営できて本栖湖と富士山が一望できる抜群のロケーションが魅力なのです。その眺めは千円札の裏側のデザインにもなっています。

最近では人気キラキラ系アニメの「ゆるキャン△」にも登場したりと聖地巡礼の地としても盛り上がっています。




一人薪割り…


当日は3台の車で浩庵キャンプ場へ向かったのですが、2台は渋滞に巻き込まれ林号のみ到着!(しかも一人)。富士山も半分雲に隠れていて少し残念。

テントやタープのメインアイテムは柳原代表の車に積んであったので、できる事といえば何か?薪割りくらいかな?

という訳で一人薪割り開始!薪割効果で体が温まってきました。

今回、使用する薪は道志村産でーす。前回の視察の時に購入しておきました!!




冬キャンの救世主!!


しばらくして、ようやく全員集合!!

今回のメインである、、冬キャンプの対策として導入した

「メガホーン3シェルター」というテント。

薪ストーブがインサートできるという正に冬キャンプの救世主!

実はこの設営が今回一番の楽しみでした!



期待どおりに中はポッカポカ (^o^)/


甲州名物「ほうとう」を食べよう!


冬のキャンプ飯は温かい物を!という事で色々考えた結果「ほうとう]に決定!

その土地のソウルフードをキャンプ飯でトライするのもその土地へのリスペクトを込めていていいですよね!

ダッチオーブンでほうとうなんて素敵じゃないですかー



キャンプスイーツも!!


今回はキャンプスイーツも登場!

さて何でしょう?




じゃん!!

「お汁粉」でーす。コチラは薪ストーブが大活躍!小豆も温められるしお餅も焼けるので、とってもおススメ!

焚火で仕込んだ焼き芋と一緒にいただきまーす。


子供も楽しい!ソトラボ!

子供は風の子!

やっぱり外で活動するとテンション上がっちゃうよねー



奇跡の富士山!


事前の天気予報は雨。

当日の朝は晴れたものの富士山には雲が…



でもやっぱり富士山には不思議な力があるのかな?

夕方を迎えるころにはこんなにハッキリ!

ありがとう富士山!!



今回スペシャルゲストとして「ソトラボTシャツ」のデザインをしてくれました。

三浦あこさん(後列右)が参加してくれました!!

素敵なTシャツありがとうございました!!!!

またの参加をお待ちしてまーす(^o^)/


そんなこんなで第4回ソトラボが終了しました…が


ん!?ワーク的な事しましたっけ?


まぁまぁ、今回はアクシデントも有り、時間が足りず…という事で

次回へ持ち越しとなりまーす。(反省)


収穫はやっぱりメガホーン3シェルター+薪ストーブでしたね!




個人的には「ゆるキャン△」の聖地巡礼をゆっくりと楽しみたいなと思いました。(^_^)






おまけ


柳原代表はそのまま浩庵さんの民宿に泊まったそうなのですが

晩御飯は「ほうとう」だったそうです。笑

さすが甲州!!!!!!


閲覧数:73回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1週間単位の変形労働時間制について

1週間単位の変形労働時間制は、旅館や小料理屋などの小売業等接客を伴う30人未満の限定された事業場についてのみ認められている特殊な変形労働時間制です。具体的には、「日ごとの業務に著しい繁閑の差が生ずることが多く、かつ、これを予測した上で就業規則その他これに準ずるものにより各日の労働時間を特定することが困難であると認められる厚生労働省令で定める事業であって、常時使用する労働者の数が厚生労働省令で定める

中学生、高校生などの年少者を働かせる場合の注意点  

労働基準法上の年少者は、満18歳未満の者を言います。おおむね高校卒業までの者を雇用する場合は通常とは異なる取扱いが必要なことがあります。 最低年齢 年少者の内、児童(満15歳に達した日以後、最初の3月31日が終了するまでの者、一般的に中学生)については、原則として労働者として使用することが禁止されています。 ただし例外的に以下の場合に限り、必ず監督署長の使用許可を得た上で労働させることが可能とされ

慶弔休暇は必ず与えなければならないか  

結婚やお葬式など従業員の冠婚葬祭に際して与えられる休暇を慶弔休暇と言いますが、その慶弔休暇は法律上必ずしも与える必要はありません。 休暇について労働基準法では年次有給休暇について定められているのみで、他の休暇については事業所ごとにルールを定めれば足ります。(育児介護休業法などによる休暇を除く) この意味で「我が社には慶弔休暇制度はないから、冠婚葬祭で休む際は自身が持つ年次有給休暇を使用してください

Comments


bottom of page